ロートアイアンの個性フロントデザイン

File No.34 富山市 M様 邸  ロートアイアンの個性フロントデザイン


デザインコンセプト

■フロント
【ご要望】
・フロント全体をシンプルに、でも個性的な雰囲気にしたい。
・将来カーポート2台用を立てることを前提に、駐車スペース3台分と、バイク、自転車置場も確保したい。
施工内容

フロント


工事着工から完成まで

1. 敷地の状況を調査

M邸の場合、家の間口に布基礎(H=400)がありました。家の配管類をここに集約させたためです。家の構造上仕方ない部分ですが、幅1m・長さ9mのスペースは、このままだと、使いにくいスペースになってしまいます…。

2. 布基礎の撤去、フロント全体のスキトリ作業開始

配管の深さをチェックしたところ、約30cm切断出来ることが分かったので、布基礎を撤去し、幅1m・長さ9mのスペースにバイクおよび自転車置き場を確保することにしました。多少は坂ができますが、間口が広いため車3台止めてもバイクを駐車するスペースは十分確保できます。また、坂に関しては、Mさんと検証し問題はないことを確認しました。まずは、布基礎の撤去とフロント全体のスキトリ作業に入りました。

3. 布基礎を撤去します

塩ビ管が数本立ちあがってますが、これらをできるだけ低く切断し、このスペースをバイク・自転車置場に利用します。

4. ウェルカム スペースを作ります

玄関前には広々とした、ウェルカム スペースを作ります。家の顔となる門袖部分のブロックも立ち上がってきました。オレンジの管は、照明用の配管です。 ここに木を植えて夜間ほんのり照らす予定です。

5. モルタルでの下塗り

門袖に、モルタルでの下塗りが始まりました。玄関前のウェルカムスペースも出来てきました。

6. 自然石の貼り付け

ウェルカムスペースには、上品で、いつまでも美しい、自然石を使います。家の雰囲気との相性がとてもいいと思います。

7. 石板を丸くカットして、石板を設置

階段部に1か所、マスが来ます。底の部分は、石板を丸くカットして、石板を設置します。

8. マス部分にはめ込みます

当たり前ですが、ぴったりです。

9.レンガラインを3列入れる

駐車スペースから、バイク置き場まで、約15cmの高低差ができます。その坂の部分にレンガラインを3列入れました。坂を美しく見せると同時に、滑り止めの役割も果たしています。

10. 化粧ブロックを立ち上げる

フロント両サイドには、家の外壁の色に合わせて、ベージュの化粧ブロックを立ち上げました。写真ではわかりませんが、家と同様、細いタテラインがブロック表面に入っており、外壁の素材をブロックに貼り付けたように統一感が生まれました。

11. アプローチに乱貼りをする

フロントの乱貼りは、ゲストカースペースも兼ねたアプローチです。

12. 駐車スペースに自然石でクロスラインを入れる

駐車スペースにも、乱張に使用した自然石でクロスラインを入れました。
土間コンクリートも入り、いよいよ工事も終わりに近づいてきました。

13. 植栽スペース作成と照明の設置

フロントには自然石を使って、小さな植栽スペースを作りました。
ここにも照明が仕込んでありますから、夜もほのかにきれいです。
照明はセンサー&タイマー付きで、暗くなると勝手に点灯し、2時間に設定してあるので約2時間点灯後自動で消灯してくれます。

14. 玄関前に樹木を植える

玄関前には、ヤマボウシと、ジューンベリーを植えました。
もちろんこの2本も、夜間ほんのり輝きます。
程よいボリューム感がM邸の玄関にはベストマッチだと思い、2本とも株立ちにしました。

フロントの完成です

ロートアイアン製の、アーティスティックなフェンスも設置しました。
個性あふれるデザインは、風花デザイナーの中でも、賛否両論ありましたが、最終的には、価格面・デザイン面でMさんが非常に気に入ってくださったこともあり、設置することになりました。大正解だと思います。
このフェンスによって、フロント全体の雰囲気・価値がグッと上がったと思います。

  • スタッフブログ
  • カザハナ いやしの森からのPhoto Letter Blog
  • 社長ブログ
  • アクティブシェッド
  • dot art cobver
  • 物置ストリート
  • アメリカ視察レポート
  • Only One club
  • New moral standard
PAGETOP